楽天カードに付帯する電子マネーedyを有効活用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Photo_6

楽天カード加入時にカード付帯で200P分つきでもらえた、
電子マネー”edy”に関してのメモです。

私の持っている電子マネーは今まではsuicaだけでした。

なお、オマケでもらった200Pは有難く、
マックでナゲットとアイスコーヒーを頂きました ( ̄▽ ̄)。

初めて使うときにちょっと緊張しちゃいましたw

私的には以下の点で使える奴だった。

  • マクドナルド、ドトール、ガスト、ツタヤで使用可能
    (リタイア後は散歩ついでにこのへんよく行く、ツタヤは100円dvdレンタルが主)
  • 大抵のコンビニで使える。節約にはローソン100で野菜等を買うのがよいかも。
  • 楽天ポイントと同レートで相互交換可能
    楽天Pの余りを手数料なしでedyに変えられる(自宅、コンビニで)

注意1:⇒期間限定Pの変換は不可とのこと。
注意2:⇒クレカ付帯のedy以外については不可等あるので各自調べてください
参考URL https://point.rakuten.co.jp/doc/ex/edyexchange/

  • 残念ポイントとしてはスーパーではほぼ使えない事。

勤め人はランチやコンビニコーヒー買うときに使えるのではと思う。

一番のポイントとしては楽天Pは1000以下のポイント残高のときに、
楽天内での買い物が送料がらみで消費が難しいので、
edyに変えたほうが良いと思った次第。

自宅で楽天P⇒edyに移す場合はICカードリーダー
(うちはソニーの奴、下のほうの画像参照)が必要なんですが、
確定申告の電子申告でちょうど買っていたのでそのまま使えました。

運用としてはクレカ使用で得た楽天Pをedyに変えて
散歩コースで使う感じで考えている。

たぶん8割はマックの100円コーヒーに消えるでしょう。

edyの使い道とか楽天Pの余りPの処理に参考になれば幸いです。

  私が使っているのはこれです。
電子確定申告、edy/nanaco/suika/waon等の残高確認/チャージを自宅でできる。

edy機能もオマケでつけられる楽天カード

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする