年間収支のポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

支出については生活費は100万程度で収まるという状態なので、
100万稼げばよい計算です。

配当金が年60万(月5万)程度入りますから、

残りを40万を

  • 株の譲渡益
  • 月平均数万円程度のバイト

でまかなえば良いわけです。

当然株式の評価損が出る年もあるでしょうから、
あまり株価の変動に気を配らないで済むように月4万円、年間にして50万円程度稼げば
今の生活が維持できることになります。

さらに節約すれば稼ぐ必要額は減りますし、
配当の減少があれば稼ぐ必要額は増えることになります。

ですから、投資先についてはある程度安定した収益が見込める企業を
選定する必要があります。

投資先としては米国企業は安定して利益をあげている企業が多く、
私の資産の7~8割程度は米国株です。

私は四季報等で企業の概要を掴んで、あとは決算などを調べていきます。

何十年も連続増配している企業(P&G、マックドナルド等)が多いのも配当生活にはうれしいですね。

米国株のメジャーな株を一通り知りたいなら、
四季報からざっくり目をとおしてみたいですね。

自分は2014年版は全部読みました。

四季報は買ったわけではなくマネックス証券でガンガン取引していたら
なぜか贈られてきたので有難く頂いたものです。感謝です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!