年100万生活にスリム化して労働なし前提のリタイア計画に修正。あと、リタイア計画の考え方の話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はいはい、そのうち働くよ。そのうちね。

・年100万だと労働回避リタイアも可能なので予算を見直し

今年の半年間の家計簿の支出を見直していると、月10万、年120万の予算って割と余裕があるし、ムダも多いことに気がついた。

セミリタイアブログを見て回ると節約力が高い人が多いので、良い刺激を受けているのかも。

100円の重みを以前より軽く見ている感じがあってちょっと予算が甘くて弛んでるのかなという感覚もある。

予算を年100万に設定するとなかなか手強くなるので、ゲーマー魂が燻られる工夫すれば達成できるくらいの条件設定になる。

100万という金額にこだわりはないのだけど、これを90万、80万にしようとすると自由に出来るお金がほぼ無い感じになって消耗しそうなので、100万がちょうどいいところかなという感じです。

年初に立てた年120万予算だと投資で売買益を出し続けるか労働しなきゃ早晩破綻するので、労働しなくても破綻しにくい予算に切り替えていく必要に迫られてというのもある。(というかこっちが主な理由だね)

試しに自家製の逃げ切り計算シートで、株価・配当は現状維持で働かない場合の試算をしてみたら、年100万生活に切り替えれば資産は徐々に減るが年金が少なめでも入れば逃げ切れそうな試算となった。(このまま年120万生活だと年金受給前に破綻するのです。)

もちろん働いて収支トントンが心理的には楽だと思うが、やる気が出るのを待っていたら何年かかるかわからない感じがある。

というわけで、無駄項目の洗い出しをして、年100万生活が可能と思える予算を作ってみた。

今月の集計からはこの予算案でやっていこうと思う。

・年100万予算案

年100万生活に変更前後の家計簿。毎月の報告から旅費・高額贅沢品は消してたんだけど見える化。

主な減額は労働収入見込を0に設定し直し、雑費はサプリメント等見直し、娯楽費はカフェ・外食費の縮小、予備費は今年は仕事準備で経費が一気にかかったが一時なので縮小、旅費等は予算が大きすぎたので縮小といった感じです。高額贅沢品はパソコンとかそういうのです。

娯楽費は予算オーバーの常連で理由はファミレスやカフェなどに行くのが原因なので、ここの所は働かないリタイアをするならもうほぼ0にする勢いでカットが必要な感じ。

この予算修正に関しては、いま札幌に2週間弱滞在しているのだけど、旅行をすると航空券・宿泊費は当然として外食・交通費でお金がみるみる飛んでいくし、自宅の快適さがやはり恋しい(自炊環境や部屋の環境)気持ちが強くなっていることが大きい。

多分旅行は年1,2回の短期でやれば十分で、パソコンやスマホ等の高額贅沢品費と予算を合わせちゃって、どっちを取るかで考えたほうが良さそうだなと。

年100万生活といっても、私の場合は家賃が3万と低額なので修正後の生活費案は節約家ならわりと簡単に出来る水準だとは思う。

あと、家計簿については娯楽費は結構大枠にしているけど、細かい趣味の消費とか交際費とかはあまり細かく書くとプライベートがだだ漏れになるので今後もぼやっと書いていきますw (たとえば、DMMで大人用ビデオの~を購入とかそんな話聞きたくないでしょう…)

さて、おっさんの細かい家計話なんて誰も興味はなさそうだけど、せっかくブログに家計簿を公開しているので、緊張感が生まれて節約効果が出ると良いなという感じで今後の方針を記事にしてみました。

浪費生活をして、働かず、株価上昇に賭けるってのは流石に能天気すぎるので、現状に合わせて方針転換しようという感じですが、そういう危機感が出てきたのはいつもいる場所を離れた旅行効果かもしれない。

予算からはみ出た分をブログ収入などで補えればちょうどいいんだろうけど、どうなるかな。

あまり読者に余計なものを売りつけるセールストークとかしたくないんだよね。

例えば、急にこれまでの文脈を無視して自分がたいしてやっていないけどアフィ報酬が高い投資ネタ記事を挟んだりとかするような運営をしちゃうと恥ずかしくてストレスでおかしくなるだろうし(笑)

・リタイア計画の考え方について

このブログは計画をその時の自分の気分で変えて行く様を見せているわけだけど、リタイア計画なんてあんまり難しく考えないで、どの程度働くかやどの程度節約するかを生活しながら自分に問いかけながらやっていけば良いんじゃないかなと思っている。

なんかセミリタイアを計画するにあたって月に行く準備みたいに機材(計画)万全、燃料食料(資産)万全、補給0(労働0)前提のミッションみたいに考える生真面目な人をたまに見かけるけど、そんなガチで考えても想定外ってそこかしこに出る物だと思うんだよね。

えらく慎重な人は10年、20年準備して、やっぱリタイア向いてなかった(泣)とかそういう悲劇もあるかもしれんし。

まあ、現状維持のバイアスでそもそもリタイアなんて考えていない人はそういう想定をしがちなんだろうけど。

私のリタイア計画は近所への散歩くらいのノリで、能天気過ぎるのかもしれないけどね(笑)

両極端な例は置いといて、セミリタイアは数ヶ月の航海くらいのノリが良いじゃないかな。寄港地でバイトなどでたまに燃料補給しながら贅沢とかを見直しながらまた労働しない航海に踏み出すという感じで。

さて、札幌では避暑感は十分味わえたのですが、まだまだ暑いらしい本州に戻るのはちょっと怖いですね。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!