2016年4月の家計簿 自由から抜け出せない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月家計簿です。今月は医療費が重かったなあ。

・予算と実績

収 入 予算 実績 差異 達成率(%)
  配当 50000 87861 37861 176%
  労働 35000 0 -35000 0%
  信用デイトレ 0 0 0 #DIV/0!
合計 85000 87861 2861 103%
支 出 予算 実績 差異 使用率(%)
  家賃/住居関連 40000 40540 -540 101%
  食(外食費はその他へ) 15000 15979 -979 107%
  光熱(電気・ガス・水道代) 8000 7224 776 90%
  通信全般(携帯/wimax/ブログ維持等) 5000 4167 833 83%
  その他(娯楽/服飾/交際/外食/医療等) 12000 28644 -16644 239%
#  税金保険等については流動的なので非公開とします。
合計 80000 96554 -16554 121%
 
・収入について

今月も求人をネット上で軽く見た程度で労働はなし。

英国株の半年ごとの配当が集中したので収入的にはまずまずでした。

昼以降の短時間仕事をするか、ネットでこずかい稼ぎをするか、いろいろ頭にはありますが、どうするか悩み、遊んでいるうちに1か月経ってます。

典型的なだめんずです。

結局、自分で自分をどの程度追い込めるかどうかですね。

ま、安いとこに移住して超がつくほどの低消費なら配当生活もギリギリ無理ではないでしょうが。

安い土地に海外のおしゃれなコンテナハウスをぽつんと建てるってのもありかもしれません。

好きな時間に起きて、ゲームや映画や本をコーヒー片手に楽しみ、のどかな昼間に散歩をして、好きな時間に寝る自由な毎日をまだ捨てたくないんです。

予定がないのが当たり前というのは心地よいものです。

私の”いまここ”は誰にも支配されずに自由である。実存主義の理想ですね。

セミリタ志向の人はニーチェやサルトルやカミュあたりの哲学と相性が良いように思います。会社勤めの時、通勤時によく読んで共感していました。

年単位でお金の入る労働をしていないのはそんな理由かもしれません。

・支出について

 ”その他”以外は想定通りでした。

”その他”の超過要因は歯医者(クリーニング)、耳鼻科(蓄膿症)で、1万程度。

あとは歯と鼻に関するケア用品・サプリなどで5千円程度かかりました(別記事に書いたもの)。

とりあえず、虫歯もなく、蓄膿症も通院は終わったので、来月からは医療費支出はほぼ0になる見込み。

ほかには多少服を買ったり、本を買ったり、外でのお茶代なんかです。

お茶代は無駄かなあ?とも思いますが、日々の気分転換のための”小旅行”みたいなものなので納得して無駄遣いしてます。

リタイアで引きこもり気味になると、知らない飲食店やカフェに入るのは結構日々の退屈の打破になると思いますよ。

最近は同じ店に行っている気がするけど、家に居すぎると煮詰まってよくないようです。

気軽にお茶を飲むような知り合いを増やしたほうが気分転換になりそうです。特に男は引きこもりがちですから。

カルチャースクールでも通おうかしら? ・・・・それよりバイト探しか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!