リタイア生活で寿命は縮む?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資は順調です。

やはり働く気にはなりませんね。

平日の朝のガストは最高にのんびりできますね。

間違っても昼や夕方に行っては行けません。

主婦と学生のマシンガントークに辟易することでしょう。

・健康で居たいなら適度な運動とパートナーが重要

ところで、会社に行かなくなってからは割合幸せなので、
できれば長生きしたいと思います。

長寿がらみの本を読んだりするこの頃です。

リタイアして引きこもると体力が落ち、
寿命に直結するようです。

心臓などが弱って心臓病、脳卒中などのリスクがあがるようですね。

とある本によると1日20分くらいの
軽く汗ばむ程度の散歩が良いようです。

散歩はウツや自律神経失調にも効くようですから、
往復20分程度かかるスーパー等に買出しに
行くくらいが良いかもしれません。

あとは孤独というのも寿命に直結するようです。

愛情ホルモンのオキシトシンが心臓や脳に良いようです。

いわゆる安心と幸福感というやつで、
実感としてはわかると思います。

リタイアしてもパートナーや友人とルームシェアして暮らしたり、
犬、猫と暮らすと良いんでしょうね。

老人ホームはどうなんでしょうね。

リタイアした人間も性格等が合えば、
子供などを前提としない同居ならなんとかできるかもしれません。

私はお茶を飲むくらいのパートナーはいますが、
結婚はできるかはわかりません。

「私を養って」というタイプの女性は寄って来ないのは強みですね。

人間がだめなら、犬、猫ですが、
賃貸だと難しいですね。

犬なら散歩ついでにコミュニティを作り易いですが、
散歩は結構大変ですし匂いも結構あります。
(昔、犬は飼っていました。)

リタイア目指す層なら、気まぐれな猫が良いでしょうね。

結婚できなかったら猫を飼うために
マンションなり持ち家を買うかもしれません。

おとなしい茶トラかロシアンブルーが好みです。

それまでは猫カフェと野良猫さんで我慢です。

人生120年も夢じゃないってな話もでてきているようですし。

持ち株のグーグルやJ&Jが不老長寿を
開発してくれればうれしいですね。

グーグルには長寿化の専門部門があるそうです。

将来はサイボーグ化するのかなあ。

「攻殻機動隊」の世界ですね。

ああいうハードボイルド作品は好きです。

そういえばくらげの一種は老化した後、

また子供に戻って、また老化してを繰り返す種もあるみたいです。

死なずに老いと若返りを繰り返すなんてSFの世界ですね。

ベンジャミンバトンという映画は人間が老人から子供に戻る話でしたね。

以下は長寿に関する参考書籍です。

寿命1000年の方は読んでないかも、、図書館で探すかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする