セミリタイア希望者とフツーの人とのお金に対する価値観の決定的な違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

予定に縛られない眠りの心地よきかな

セミリタイアしたいと本心で決意する前後でお金に関する価値観が変わるのだと思う。

普通思考だと「お金=仕事以外の限られた時間を楽しむために必要なもの」、セミリタ思考だと「お金=働かない生活(時間)のために必要なもの」なんじゃないかな。

前提に「ずっと仕事のある生活が続くこと」があるかないかの違いは大きいと思う。

私はセミリタイアを意識する以前は、土日で意欲を回復するためならこのくらいの贅沢はいいかなと思って幸福感を得るために遊びに出かけて飲み代を使ったり、物を買って生活満足度がどうなるか調べるような浪費をしていたし、平日もストレス解消のために外で変化のあるランチを食べたいとかコンビニの新製品で一時的な変化を楽しむのもいいなとか、自由になる家での時間を楽しむために少し広めの部屋がいいなとか考えてお金を結構使っていたものだ。

しかし、浪費しても満たされない日々が続いて結局自分はモノを買うのでは満たされなくて時間が欲しいんだということをよく理解して、時間を取り戻すには仕事を辞めて生活するための資金を貯めようという夢(目標)を持つようになった。

そうなると消費傾向は生活満足度を極力落とさずにお金を貯めて自由時間を早く取り戻したいという感じにシフトしていった。

こういった前提の違いがあるから、前者と後者はわかり合えないのだと思う。

セミリタ前の人で極端な節約をする人がたまにいるけど、その人はそれだけ仕事が嫌で早く貯めたいんだと思う。節約度と決意の重みは比例するんでしょう。

知らない街に平日ふらっと降りて探索するのも一つの楽しみ。写真は本厚木のいかがわしい繁華街に居た外飼いねこさん。

セミリタイア後にお金の価値観がまた変わるタイミングが来る説

あと、セミリタ後もまたお金の価値観を見直す必要が出てくるかもしれない。

特に節約志向の生活をやりすぎた場合はお金=あまり働かない生活(時間)を維持しつつ楽しむために必要なもの」とゆるい方向に切り替えて行ったほうがいいのかなと思う。

リタイアのための節約生活をリタイア後もやり続けるには人生は長い。

少しはお金を使って楽しめることを最大化出来ることもやっていったほうがいい面もあると思う。

幸い無職者は無料や定額制のサービス(図書館、ネットフリックスなどの映像配信、スポーツクラブ等)は使い倒せるし、外食や娯楽施設も混雑が無く週末に遊ぶよりは良いサービスを受けられる。

最近は漫画喫茶とかカラオケまで定額制が出てきたようで、娯楽を消化するのが間に合わなくなって行く感じはある。。

旅行はオフシーズンで飛行機も宿も格安で空いている時期に行けるという特典がある。

これらの特典を受けずに家にこもり続けてお金を守るというのは少し楽しむ機会のロスがあるように感じる。

最近は稼ぐ事を考えるのがだるいから超節約引きこもりスタイルにシフトしそうな私がこんな事言うのもあれだけど。

まあ、家に引きこもっても図書館で本を借りたり、アマゾンプライムとかDAZN等の安いサービスに加入して映画やスポーツを見まくったり、無料のネットラジオで音楽を楽しむことでもそれなりに満足できるんだけどね。相場の安くなった中古ゲームや中古本を読んだりもいいし。消費系の娯楽に飽きたらこつこつ創作する系の趣味も挟んでいけばいいし。

あと、何にも追われず考え事をしながらボサーっとする時間も好きなんだよな。

そんなこんなで、セミリタ後にどのくらい働くか・どのくらいお金を使うかのバランス調整は生活しながら自分の感覚でやっていくものだから人それぞれ答えがあるんだろうと思う。

こういうところは人の性格が出るのでセミリタイア後のブログでこんなとこ行ったよ~とか、こんな生活をしているよ~とか、消費傾向がちょっと覗き見れる家計簿なんかを見るといろいろ想像が浮かんで楽しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『セミリタイア希望者とフツーの人とのお金に対する価値観の決定的な違い』へのコメント

  1. 名前:maha 投稿日:2018/06/06(水) at 11:47:32 ID:65ad14542 返信

    こんにちは。
    住む所と食べ物、本とスマホ(音楽とネット)があれば大体満たされますw
    良い時代になったなぁ..

    • 名前:namake_taio 投稿日:2018/06/06(水) at 13:02:26 ID:2bddaa793 返信

      maha さん

      低コスト体質ですね。
      私も最低限の衣食住があって少しネットが出来れば十分です。
      ネットが無い時代だったら図書館にこもってしまいそうですが。

  2. 名前:ひで吉 投稿日:2018/06/07(木) at 19:05:34 ID:886169e9d 返信

    》セミリタ前の人で極端な節約をする人がたまにいるけど、その人はそれだけ仕事が嫌で早く貯めたいんだと思う。節約度と決意の重みは比例するんでしょう。

    いや、ホントその通りです!
    少しの周り道もなく一直線にリタイアしたいんです。

    自分では行き過ぎた節約も節約人ハイ(ランナーズハイのようなもの)で、心地よくすらあったんですが、言われてみればその通りですね。

    自分でも深く意識していなかった部分を言い当てて下さってありがとうございます。胸がスッとしました。

    • 名前:namake_taio 投稿日:2018/06/07(木) at 20:02:01 ID:bf94d9994 返信

      ひで吉 さん

      ひで吉さんの節約力はかなり稀なレベルですよね。心地よいのならいいですねぇ。
      私も月の支出を如何に減らすか”節約ゲームのハイスコアアタック”をやっていましたが、
      長く続けると生活満足度が落ちてストレスになる部分もあって今はほどほどにしてます。

  3. 名前:ひで吉 投稿日:2018/06/07(木) at 20:29:57 ID:0d1c73474 返信

    今は節約を極めることを楽しんでいますが、リタイア後はtaioさんのように人生を楽しむための消費を積極的にしたいと思っていたので、すごく共感できました。
    仕事で5/7が埋まっているから節約していても虚無感なく時間が過ぎますけど、極貧無職はきっと時間を持て余しますよね。
    それほどお金のかからないコスパの良い人生の愉しみを見つけられたらいいなと思ってます。

    • 名前:namake_taio 投稿日:2018/06/07(木) at 23:49:59 ID:25b0e7f76 返信

      ひで吉 さん

      >仕事で5/7が埋まっているから節約していても虚無感なく時間が過ぎますけど、極貧無職はきっと時間を持て余しますよね。

      そうですねえ。
      趣味のうちいくつかはお金がかかる場合があるという感じで時間を持て余すという感じはないですね。
      もっと(のんびりする)時間が欲しいです(笑)
      ただ、少額のお金に囚われすぎて好きな趣味が楽しめないとか新しくやってみたい事を断念するのは勿体ないのかなあと思ってます。
      (認識は多分同じだと思います。)

  4. 名前:招き猫の右手 投稿日:2018/06/09(土) at 23:09:21 ID:1a14347fd 返信

    僕も働く方が苦痛で、それだったらレベルの高い節約をしてカネを貯めて、そのぶん「将来働かなくてもいい時間」を買うのが心地よかったです。
    子供も出来たので今はまだ節約モードでしばらくやりますが、目処がたったらガチ節約から楽しい消費モードに変わると思います。

    • 名前:namake_taio 投稿日:2018/06/11(月) at 14:17:23 ID:9a4ee8039 返信

      招き猫の右手 さん

      >僕も働く方が苦痛で、それだったらレベルの高い節約をしてカネを貯めて、そのぶん「将来働かなくてもいい時間」を買うのが心地よかったです。

      早く貯めたほうがお金がお金を生むというのもありますしね。
      世間一般の定年前まで会社勤めという価値観は時間がすごく勿体ない感じがします。

  5. 名前:クロスパール 投稿日:2018/06/10(日) at 07:51:04 ID:e63044e0e 返信

    記事内容と同じお金の感覚の流れです。
    セミリタイア前はとにかくコスト優先で自分の気持ちを抑えていましたけど、最近になって自分が楽しめるためにお金を使うようになりました。

    使うといっても数百万とかバカみたいな使い方にはならないんですよね(笑)
    数千でも楽しめるってほんと自分ってお得な性格だなあと感じちゃいます。

    • 名前:namake_taio 投稿日:2018/06/11(月) at 14:25:08 ID:9a4ee8039 返信

      クロスパール さん

      >使うといっても数百万とかバカみたいな使い方にはならないんですよね(笑)
      >数千でも楽しめるってほんと自分ってお得な性格だなあと感じちゃいます。

      感覚が近いですね。
      節約慣れしているから、つい最大効率を求めて浪費する感じになりますね。
      ちょっと遠出して外食するにもモノを買うにもいろいろ調べている時間は楽しいものです。