浄水器は自炊派必須ツールかもしれない(コーヒー・お茶・ご飯がおいしくなる)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蛇口につけるタイプの浄水器を半年ほど使っていますが、

意外に良かったので、感想を残しておきます。

●メリット

お茶、コーヒー、紅茶などが間違いなくおいしくなったと思う(水に匂いが無いから)。

米がおいしく炊ける気がする。

・2Lのミネラルウォーターを100円で買うよりはるかに安い

・夏場にサプリメントや薬を飲むときに水の臭みが無い。冷たすぎない。

・パスタ・蕎麦などをゆでたり、つけつゆにも使うとおいしくなった気がする。

有害物質が除去されるので健康に良い(詳細は下のほうに)

●デメリット

・浄水器そのものを買うのに5千円くらいかかる(フィルター1つ付属)

・フィルター交換でのランニングコストがかかる。一人暮らしなら月400円程度と試算(※)

【備考】 

・フィルターランニングコスト計算

 高機能のものだと1個2400円程度でめやすの3ヶ月交換だと一ヶ月800円になる。

 一人暮らしで使用量がないので、半年使っているがフィルター汚れは見えない。

 一年はいけそうだけど、半年に一度交換とすると月400円程度の固定費アップ。

・一応私が使っているのは三菱レイヨン・クリンスイで除去物質は13+2です。

使用水量が分かる後継機もありますが、500円位高いのでフィルター汚れを目で確認。。

【取り除ける有害物質 (※フィルターによります)】

浄水能力 : 遊離残留塩素、総トリハロメタン、溶解性鉛、CAT(農薬)、2-MIB(カビ臭)、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム : 総ろ過流量900L(除去率80%)/濁り : 総ろ過流量900L(ろ過流量50%)/鉄(微粒子状)、アルミニウム(中性)

自炊派の人はQOLが上がるので検討してみてはどうでしょう。

リタイア生活だと3食自炊の人が多そうですし。

感じ方は個人差があると思いますが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする