近所の引っ越しなら赤帽が安いけど、見積もり依頼する時に注意すべきこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて、月末に引っ越しすることになりました。

経緯の詳細は省きますが、近所に安い家賃で周辺環境が良い部屋があったので引っ越しという感じです。(引っ越したらまた不満をみつけてしまうかもしれませんが。安い賃貸ですし。)

赤帽って20km程度の近距離で赤帽車に入る荷物の量なら1.5万円程度で基本的な引越し作業をやってくれます。
二人で持つような重い家電・家具は客である私も重い目にあいますが。

今回、赤帽車が1度で運びきれないほど荷物が多くなってきたので、
その場合の料金について考えます。

選択肢は、往復するか、2台の赤帽車を手配するか、宅配便等で送るか。

という選択肢があると思います。

私の場合は積み込めなかったダンボールが5個以上になると一番安いのは赤帽車で往復、それ以下だと赤帽で一度運べるだけ運んで、ダンボール類だけは宅配便などを使うのが安いという計算になりました。

2台手配は料金が倍になるので高いです。

ただ、オトクな往復というオプションについては赤帽のトップページから行う見積もりでは不可と明確に断られてしまいました。

つまり、2台の車を手配して倍払ってくれと言われました。

2台手配となると3万超えるのでどうしたものかと思い、赤帽加盟している個人のHP経由で往復が可能か確認したら、2回目は7千円程度で可能との回答が得られました。

問い合わせ先で見積もりが変わりました。

多分変わると思って問い合わせてみたのですが正解でした。

赤帽のトップの配送センターみたいなところで見積もり依頼をすると、
営業的に割の合わない?往復はやっていないと言われますが、
赤帽加盟している個人のHP経由だと(自分の赤帽車で全てやってしまいたいので)往復見積もりが可能ということです。

赤帽って個人事業主の集まりで、売上だったかで上納金みたいに渡しているシステムのようです。
だから、本部としては売上(配車)を増やしたい、個人としては自分の車で完結させたいという思惑があるわけです。
(そもそも、赤帽は時間制の料金体型なので往復不可という返答がおかしいと思うけど、そこは面倒なので突っ込まなかったです。)

今回はあまり捨てるものもないので、全部運んで邪魔なら捨てようと思います。

以前はパイプハンガー等をバラしたり、要らないものを徹底的に捨てて減らしたりしましたが、そんな根性は7回も引っ越ししているとめんどくさくなってきました。

無駄に捨てて凹むこともありますし。

とりあえずアマゾンで大きめのダンボールを調達したので、ぼんぼん詰め込むだけです。


家族が泊まりに来たときのために余ってるふとんを残すか捨てるか悩んだりしましたが、とりあえず折りたたみベッドの下に入れておけば部屋におけるので持っておこうということにします。

こういう捨てるかどうかの決断って、気力を思ったより消費するので、
断捨離は若いうちがいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『近所の引っ越しなら赤帽が安いけど、見積もり依頼する時に注意すべきこと。』へのコメント

  1. 名前:応援 投稿日:2017/11/13(月) at 07:58:33 ID:c26ed85f0 返信

    引っ越しはいいですよね。少しだけ心機一転します。
    賃貸は出る時に色々請求されるケースもあるのでその辺難しいですが。
    入居時に敷金、クリーニング代を請求されない物件だとなんだかんだ出る時に
    数万円、汚く使うと10万円以上請求されるなんてケースもありますね。
    大東建託とかの物件だと入居時に請求されて大体それで間に合うので安心感があります。

    • 名前:namake_taio 投稿日:2017/11/13(月) at 17:45:48 ID:3142219d3 返信

      応援 さん

      そうですねえ。
      安くて居心地いい場所にずっと住めたらとは思うのですが、
      あっちをとるとこっちが気が付かずダメだったみたいに失敗しちゃってます。
      回数こなしたので自分の中で譲れない条件が見えてきつつあります。

      退去時の負担は色々調べたので知識はつきましたが、
      知らないと一方的で不合理な請求をしてくるので怖い業界だと思います。
      今度の法律の改正でそのあたりは見直されるという話も聞きますがどうでしょうねぇ。