2017年第3四半期までの投資成績 vs インデックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
・2017年 第3四半期までの投資成績

年初来からドル建ての税引き後のリターンは+13.37%(前期比+3.69)でした。

保有銘柄については配当の記事に記載しています(10月から銘柄は非公開見通し)。

引き続き、年間目標の+5%を上回っていて不気味なほど順調です。

比較対象のトータルリターンですが、世界株平均(VT),日本株平均(EWJ),米国S&P500(VOO)はそれぞれ、17.57 %,14.03%,14.2%でした。

今年は僅差ですが全敗しそうな感じです。

VTが強いのは新興国・欧州株の影響かなと思います。

金融緩和の終了で横ばいまたは下落相場が来ると見ていましたが、
今のところ順調ですね。

米国は法人税率の下げが通るかどうかですかね。

怠け者的な視点で見るとVT買って寝てるのが正解、無駄な努力お疲れということですかね。
数年来では買ったり負けたりなので、しばらく個別運用は続けますが。

・2007年にリタイアしたらどうなっていたかを調べてみた話

ここ数年来リタイア後上昇相場が続いてラッキーな感じですが、
ふと下落相場が始まった2007年にリタイアして、働かずにいたらどうなるのかしらと計算してみました。

するとまあ、ほぼ残高0に近い感じになりますね。

下落相場が来たら歯を食いしばって働かないとどうにもならない資産額というのは間違いないです。

運に助けられて生活できているのは少し感謝しなければいけないと思います。

誰にってわけでもないですが。

・今後の展望

ちびちび銘柄を入れ替えながら株100%で変わらず地道に運用していきます。

とりあえず、現時点での確定益と配当で今年の生活費はクリアできているので、
無理して働くことは無いかなとも思っています。

働いて資金を積み増し出来れば言うことは無いのですけどね。。

  (´・ω・`)   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする